モデルプレス=2022/11/27】乃木坂46齋藤飛鳥秋元真夏が、26日放送のNHK総合Venue101』(毎週土曜よる11時~)に生出演。後輩メンバーの魅力を熱弁した。

【写真】齋藤飛鳥、グループ卒業発表

齋藤飛鳥山下美月の魅力「ガンガン進んでいく」

この日番組では、同グループ1期生の2人が後輩メンバーの魅力を紹介。齋藤は「山下はとにかくガンガン進んでいく、止まれない人」と3期生の山下美月を表現し「ノンストップ」と書かれたボードについて「みんなの予想とかを超えて、結果を残してくれたり、感動させてくれる存在だなと思うのでノンストップです」と説明した。

すると元メンバーで番組MCを務めている生田絵梨花も「わかります。ちょうど1年前マツケンサンバならぬ、ヤマケンサンバっていうのを番組の忘年会で企画でやったんですけど、それがもう振り切りすぎて涙が出るほど笑いました」と納得。

山下は「その時もそれがきっかけで、NHK紅白歌合戦松平健さんと一緒に踊れたんですよ。生田さんが『やれ』って言ってきたんですけど」と当時のエピソードを笑顔で語った。

秋元真夏梅澤美波は「最強の副キャプテン

また、秋元は「私今乃木坂キャプテンを務めさせていただいて、梅澤美波が副キャプテンをやってくれているんですけど」と話し、「緩急の付け方が最強な副キャプテンだな」と3期生の梅澤の魅力を告白。

秋元は「普段、私が大事な局面で挨拶をするのを忘れてしまったりとかした時に、周りが気づかないように私にだけ『挨拶忘れてますよ』みたいにやってくれたりとかするしっかりした面があったり、あとは最近は後輩の前でもちょっとおっちょこちょいな部分を見せてくれて、場を和ませてくれたりとかする一面があるので、本当に梅澤が副キャプテンになってくれてよかったなっていう風に毎日思います」と頼り甲斐のある後輩の梅澤について熱弁した。

この話しを聞いた梅澤は「私たち後輩は先輩方の背中を見て育ったので、最強の先輩たちだから最強のメンバーになれてると思うんで、感謝です」とコメント。「まだまだなので頑張りたいと思います」と今後の意気込みも語った。

齋藤飛鳥、遠藤さくら「覚悟が決まると最強」

さらに齋藤は「遠藤はすぐ泣いたり、常にモジモジしてる感じで結構か弱いイメージが強いんですけど、腹を括るとみんなを置いてきぼりにするぐらいガンガンいくガッツは実はあるので、それが今後出てきたり、皆さんに見てもらう機会があったらいいなって思ってます」と4期生の遠藤さくらを絶賛。

すると生田も「さくちゃんのパフォーマンスも鳥肌立ちます」とコメントし、それを聞いた遠藤は「私が頑張れるのは、支えてくれる先輩方がいるからなので」と謙遜気味に語った(modelpress編集部)

情報:NHK


Not Sponsored 記事】

秋元真夏、齋藤飛鳥 (C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)

秋元 真夏(あきもと まなつ、1993年〈平成5年〉8月20日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバーおよび同グループの2代目キャプテンである。埼玉県さいたま市出身。身長154 cm。血液型はB型。愛称は、まなつ、まなったん。…
77キロバイト (9,834 語) - 2022年11月26日 (土) 06:52


グループ愛の強い二人が熱弁しています!